Loading

wait a moment

新入社員研修で大事なのは?!常識を学ぶこと!

新入社員が陥る問題について

新入社員で学生の気分が抜けないまま入社する人は少なからずいます。その新入社員は必ずといって陥るのが社会人と学生のギャップの問題です。社会人には社会人の常識があり、学生の常識は通用しません。その点が分かっていない人が多いため、新入社員研修で取り入れるといいのです。問題は本人たちが気づいていないということです。常識が間違っていることに気づかないと、配属後に本当に困ることになります。

常識に気づかせる工夫を研修に取り入れる

学生と社会人の常識で違う部分として、ルーズさがないという所でしょう。学生時代であれば、授業に遅刻していったも重大なペナルティを課せられることはあまりありません。しかし、社会人で取引先に遅刻していったら、取引先中止になる可能性があります。そのため遅刻は厳禁です。そこにルーズさは全く許容されないのです。そこで新入社員研修では、ルーズさにペナルティを課すのはいいアイディアかもしれません。掃除当番等でいいので、罰則を儲けるのです。社会人になるときちっとしていることが、大事だと分かるようにします。

社会人の常識を叩き込む

配属後に挨拶ができない、電話の対応ができない、言葉使いがおかしいなどで怒られるのは本人です。そうならないように社会人として必要な常識的なことを、新入社員研修で叩き込みます。最低限必要なことは始めに教えて、後は研修内で何度も間違ったら指摘します。その間にだんだんと常識が身に付いていくのです。この期間がなければ、学生のまま社会人になってしまいます。社会人の常識が分からないので、間違いに気づかないままになるでしょう。そうならないためには常識を学ばせることが新入社員には大事なのです。

社員研修とは、新人や中途採用で入社した人材に対して、会社に慣れてもらうために行う研修のことを言います。