Loading

wait a moment

業務を自動化できる!マーケティングオートメーションのメリット・デメリット

マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーションとは、人の手で行っていたマーケティング活動の業務を自動化する仕組みのことです。マーケティング業務を自動化するツールやソフトをマーケティングオートメーションと呼ぶ場合もあります。マーケティングオートメーションは具体的に、ウェブサイトの訪問者分析やリードナーチャリング、キャンペーン管理などを1つのソフトウェアに統合し、効率化することを表しています。

マーケティングオートメーションのメリット

新規開拓や既存顧客への販売は営業といった形で1件1件人の手で行われてきました。ですがマーケティングオートメーションを導入することによって、見込みのある商談だけを営業部門に渡すことが期待できます。見込みのない商談に費やす時間を減らすことができるため、結果的に人件費にかかるコスト削減が見込めるのです。また、商談情報の管理はしていても、見込み客の情報まで分析している企業は多くありません。マーケティングオートメーションは見込み客の情報を管理・分析することができるため、その情報を営業で活用することも期待できます。

マーケティングオートメーションのデメリット

マーケティングオートメーションで全ての業務を自動化できるわけではないため、ある程度人の手を使った作業も必要になってきます。また、さまざまな機能が付いているので、効率良く使いこなすにはシステムに慣れておく必要もあります。導入の際はどの程度業務が自動化できるか、どういった機能があるかを調べた上で、十分に検討してみることが大切です。

マーケティングオートメーションは、顧客の新規開拓や日常の管理等、営業に必要な情報を可視化と自動化するためのツールです。事務作業を削減し、見込み客の掘り起こしや顧客のフォローに注力できる利点があります。