Loading

wait a moment

こうすれば直せる!?水没したスマホの修理方法

水没したスマホで起こる問題

家でスマホを使っている時に、水没することはよくありますよね。水に濡れたスマホは故障しやすく、二度と動かなくなる場合もあるので注意がいります。もし異常が起きた時は修理がいりますが、故障の特徴を知っておくと対応できますよ。

水没したスマホで起こりやすいのは、内部の電子回路が故障することです。この問題は電源を入れた時に発生するので、水に濡れた時は電源を切るべきでしょう。内部の水分がなくなるまで乾燥させれば、電源を入れて確認できます。水没で起こりやすい電子回路の故障は、濡れた状態で電源を入れると発生するので注意がいります。

他の点で気をつけたいのは、内部のデータが読み取れなくなる問題です。スマホのシステムで異常が起こり、データを読み取る動作ができなくなる場合もあります。

修理を行う時に気をつけたいこと

水没したスマホ修理を行う場合は、2つの点に気をつけなければいけません。一つは内部の電子回路がおかしくなる場合と、内部データが読み込めなくなる問題です。

電子回路の問題は乾燥をさせて、内部の水分を取り除ければ対応できます。乾燥させる場合は特別な機械を使うと良いので、修理を頼める会社に相談すべきでしょう。専門の機械を使った方法ならば、内部の水分を取り除けるので安心です。

スマホ内部のデータを取り出すのも、修理ができるお店で依頼できます。確実にデータを取り出せるわけではありませんが、よほど大きな故障でなければ対応可能です。スマホが水没した時は慌てて電源を入れず、修理ができるお店に相談すべきでしょう。

スマホ修理は大手携帯電話会社の補償サービスに加入していないと実費がかかってしまう事がありますが、割安に対応しているのが街中の修理業者ですので、有効活用して緊急事態に備えましょう。